新築祝いの胡蝶蘭の贈り方について

新築祝いに贈るお花でもっとも定番ともいえるのは、胡蝶蘭です。新築祝いには「その土地に根付く」という意味から鉢植えのものが適していて、世話をすれば毎年花を咲かせてくれるものが縁起がいいとされています。胡蝶蘭は鉢植えで大きな蝶のような華やかな花を咲かせるので人気があります。花言葉も「幸福が飛んでくる」という縁起の良い意味があるそうです。
ただし、新築祝いとして鉢植えのお花を贈るなら、胡蝶蘭に限らず、ラッピングには気を付けなければならない点があります。赤の包装紙などでのラッピングは、火事を連想させるので、避けるということです。新築以外で贈るのであれば赤でも大丈夫ですが、新築祝いだけは赤のラッピングは避けた方がいいとされています。
贈るタイミングとしては、新居の完成後半月以内が一般的とされています。実際に届く日は、仏滅ではなく大安や友引などの縁起がいい日を選ぶように気を配ったほうがいいでしょう。法人の場合の新築ですと、土日も外して日取りを考えたほうがいいでしょう。

参考サイト→ 新築祝いの胡蝶蘭の贈り方
胡蝶蘭の選び方ですが、胡蝶蘭に様々なものがあり、親や兄弟などの親族の場合ですと2万円~3万円程度のもの、友人・知人等の場合ですと1万円前後のものの胡蝶蘭を選ぶことが一般的に多いようです。法人の場合は白の花、個人の新築への贈り物としてはピンクなどが人気色のようです。立て札の書き方は、胡蝶蘭の購入先に相談することができると思いますが、「御祝+送り主名前」か「祝御新築+送り主名前」もしくは「祝+送り主名前」、もっとシンプルに「新築おめでとう+送り主名前」などと様々で、贈り先のお名前も入れる形もあるようなので、法人か個人か、相手との関係も考慮して、シチュエーションに応じて選んだ方がいいと思います。札の形式も、メッセージカード、紙製の札、木札と様々で、こちらも贈り先との関係に応じて選ぶ方がいいと思います。

 

新築祝いにふさわしい胡蝶蘭はこちら

いろいろなお祝いに使われる胡蝶蘭